いつのまにか

c0184491_20125620.jpeg
娘のクルマが…。





     




[PR]

by garage-reading | 2018-04-19 20:14 | クルマ | Comments(2)

気になるクルマ vol.81(増えてきましたね)

c0184491_21155554.jpg

まだ乗ったことありませんが 後席は広々としてそうです
HPを見るとフツーに買えるのですね グレード名が 笑
でもドライバー目線からの評判は あまり良くない様子

↓  ↓  ↓  ↓  ↓







       


[PR]

by garage-reading | 2018-04-18 23:07 | クルマ | Comments(3)

気になる音楽vol.158(何でもできそうな気がする!)


作詞コンペがあったというエピソードをラジオで知りました!




      

[PR]

by garage-reading | 2018-04-17 19:58 | 音楽 | Comments(0)

モヤっとした月曜日

c0184491_18375774.jpg
c0184491_18380071.jpg
遠くの見通しが悪い…黄砂の影響だとか 明日は雨なのでクルマが汚れる予定(涙)





      


[PR]

by garage-reading | 2018-04-16 18:45 | みやざき | Comments(2)

ゴミ問題

c0184491_22231439.jpeg
よその地区です。未回収のゴミが散乱してますね。誰が後始末するんだろ(涙)





     


[PR]

by garage-reading | 2018-04-15 22:45 | 地域活動 | Comments(4)

ウィリエール チェント1エア46T 2018モデル

c0184491_20382809.jpg
Wilier Triestina Cento 1 AIR 46T




あらためてチェントウノエアーのご紹介。
以前所有していたCEEPO MAMBA(シーポマンバ)からフレーム替えであります。
マンバも良いフレームでした。別に嫌いになったわけではなくってなんとなくのフレーム替え。
マンバはワタシの中では優しさ担当。しなやかに疲れ知らずでどこまでも走って行ける乗り味。
でチェントウノエアーはもうちょっとシャキッとした印象でしょうか。
もう一方の相方ダモっち(リドレーダモクレス)跳ねっ返りの強いフレームなので
対する一台はできるだけ優しい乗り心地を求めているのでシーポは良い役割でした。
なのになぜ?って…やっぱりトライアスロンのイメージが強いからでしょうか(汗)
乗ってるワタシはガチなアスリートではないから精神的な違和感があったわけです。
そうこうしてる時に気になるフレームがマイナーチェンジでグラフィックも好みの艶消し黒。

共通しているのはエアロフレームってところ。
横から見ると平たい感じ。最新モデルはスッキリシンプルエアロが多くなっていますが
この頃のエアロフレームはわりとしっかり主張してる感じ。エアロですよって(笑)
個人的にスッキリタイプは好みではないので一世代前のフレームをチョイスしました。
えぇそりゃもちろん最新のフレームの方が上品な乗り心地だったんです(例の試乗会で)
でも今回は気に入ったデザインを選びました。やっぱり見た目が大事ですので。

納車後2回しか乗ってないので細かい話はできませんど乗り心地はイイ感じです。
シャキッとした割に衝撃吸収してる気がするのは新しいサドルのせいかなと思っています。







c0184491_20391293.jpg
Prologo Scratch 2




まるで専用にしつらえたかのようなデザインですよね(笑)たまたま似たようなデザインで気に入っています。
前にも既述したようにクッションの厚みがあり路面からの衝撃はずいぶん吸収してくれています。

それから横から見えないグラフィックが眼下(トップチューブ)に現れるのも新鮮。
こっそりとお気に入りのポイントです。

ただね塗装じゃないんだろうなってところが残念。たぶん貼ってあるんじゃないかなって。
上手いことにぐるっと一周繋がってるところは一ヶ所もないんですよ。
ぐるっと回っちゃうとたぶん継ぎ目になってばれちゃうんじゃないのかな。貼ってあるのが(笑)
それはそれとしまして そんな気になるところを含んでも艶やかな良いデザインです。





c0184491_20391638.jpg
正面から見るとこんな感じ。意外と華奢。
個人的にフォークの先にあるエンブレムは不要かなと思うんです。
エンブレムで思い出しました。ウィリエールって宮崎にある某信用金庫のロゴマークに似てますよね?
CMで見かけるたびにそっくりだと思っているのはワタシだけではないはず。

バーテープも艶消しの黒にしました。フィジークです。
このあたりは目立たない地味なものを選びました。

そうそう 愛称を決めなきゃと思いいろいろ考えていました。
(先代のシーポマンバに無かったのはマンバがそのまま呼びやすかったから 汗)
さてさてウチにやって来たイタリア娘。やはりここはお洒落にゆきたいところ。
ちなみにチェントは100周年記念モデルの流れが由来ウノは「1」ね。
そしてエアは空気抵抗を低減したモデルに付けられたそれ。そうかエアは空気だ。
イタリア語の女性系で空気を意味する名前を検索…あコレだ。


c0184491_20392148.jpg
愛称「Aria(アリア)」決定




今後ともよろしくお願いいたします。





     


[PR]

by garage-reading | 2018-04-14 23:49 | 自転車のある暮らし | Comments(4)

既にレースは行われていたのですね


昭和3年 今から約90年前の自転車レース





      

[PR]

by garage-reading | 2018-04-13 23:55 | ナニコレ? | Comments(2)

今一度情報の共有を願う

c0184491_21524559.jpg

偉い人の反対は偉そうな人~♪という歌詞(某アニメエンディング)がありまして…。
この歌を聴いた時はなるほどなぁと思ったもんでした。

何のハナシかと言うと「防犯」でございます。
防犯について記すなんて 以前のワタシからは想像もできません(笑)
…とにもかくにも防犯です。子供の。
近々地域のイベントで子供たちの前で話すことになってまして その予行練習。
持ち時間は5分なので思いっ切り手短に語らなくてはなりませんのです。

もっともポピュラーな「知らない人について行ってはいけません」を改めて考えようと。
ラジオで特集があったんです。子供の誘拐について。
おおよそ1年前 関東のある地域で小学生の女の子が連れ去られた痛ましい事件のこと。
まだ裁判は進んでいないようなので 具体的なことをいろいろ述べるわけにはいけませんけども
その事件のキーワードは「顔見知りの犯行」であったことです。
PTA会長(のような人物?)による連れ去りで子供たちはみんな知っている顔の犯行。
「知らない人について行ってはいけません」のルールが見事に覆されました。
ラジオコンテンツのアドバイザーからは
親子でご家族で「ついて行って良い人を決めていて下さい」という助言がありました。
「知らない人」では漠然とし過ぎていて はたしてこの人は知ってる人なのか?と
子供たちも判断しにくい現実がそこにはあるわけです。
そこを回避するには「(ついて行って良いと)決められた人」以外はNGという
家族間のルールの徹底が必要不可欠と言うわけです。
デリケートな問題もありますので他所の家族の事例が当てはまることは まずありません。
自分の子供は自分たちで守らなくてはなりませんので綿密な打合せ必要でしょう。
オレオレ詐欺と一緒で悪い大人は狡いやり方で子供たちを騙すことが大前提です。
世の大人すべて善い人ではない現実を心得ていただかないといけないんですよ…子供たちに。
残念なことでありますが最悪の状況にならないために避けて通れない道です。

「知らない人」の反対をそれぞれの家庭で話し合い
「ついて行って良い人」以外はすべて「知らない人」だと限定することが先決です。
そんな世知辛い世の中になった責任は我々大人にあるのですから
痛ましい事件から守るのも我々大人の責任かと思うのです。

多少の不便はあるかと思いますが ギリギリで回避するのは子供たちの力です。
ギリギリの現場の判断を間違うことの無いように約束してほしいと考えます。

上手く伝わると良いのですが(苦笑)





     

[PR]

by garage-reading | 2018-04-12 21:59 | 地域活動 | Comments(2)

にちようびのこと

c0184491_19571407.jpeg
納車前に両親を連れて綾へ行って来ました(吊橋を渡ったのは25年ぶりか?怖)






c0184491_19572150.jpeg
吊橋の上から撮影…何が怖いってiPhoneを落としたら一巻の終わりということ







      


[PR]

by garage-reading | 2018-04-11 20:05 | みやざき | Comments(4)

気になるアニメ(大好きでした)


原作も好きですがアニメも良かった 高畑さんありがとう





       

[PR]

by garage-reading | 2018-04-10 22:18 | シネマ | Comments(2)