宮崎は雨

ざぁーざぁーと 久しぶりの雨。
c0184491_19133367.jpg



現在 こんな感じですよ…

みなさんのところは 恵みの雨になっていますか?



でもねぇ…

この日に雨が降られたら ちと困る。
c0184491_2061584.jpg

[PR]

# by garage-reading | 2009-06-23 19:18 | にちじょー | Comments(4)

決定版 マイカー選び 完全ガイド

欲しい1台が必ず見つかる
楽しさ満点!!1993年春の新車購入ガイド

って言われてもねぇ…

c0184491_23385440.jpg


この時代の「ノリ」憶えてますか?

マークⅡには3兄弟がいまして ローレルと比較(対決?)させられていますよ。
はははっ…
ほかにも フェスティバVSシャレードもありまして なんと
「クラスを超えた小さな高級車たち!!」と…

冷静に この表紙から受ける印象は「クルマでも買おっかなぁ なんにしよっかなぁ」
というノリであって 現在のような「知らなきゃ損する」というノリではないこと…

こんな話を思い出しました…
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-22 23:30 | クルマ | Comments(0)

南九州大学・短期大学 宮崎キャンパス

午後から仕事で 南九州短期大学 宮崎キャンパスへ…
c0184491_18472387.jpg



仕事といっても 原稿をもらいに行っただけですがね。



「なにこれっ!!」 と発見したものは?
c0184491_18481253.jpg




ステキな庭の見える テラスの内側。

おしゃべりのできる くつろぎコーナー(←おっさんか?)の
壁にありました。


たぶん これだと思うんですけど…
c0184491_18515898.jpg



使い道は これしか思い浮かびません。
何でこんなところへ?
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-21 18:53 | 仕事 | Comments(0)

SUZUKI SX4 WRC

今日もトイザらスへ…

最近めっきりクルマのおもちゃが少なくなった気がします。
大人のミニカーは 専門店で買うとしても
子どものミニカーは トイザらスしかないですよね…
と 長男(5歳児)は思っている。(はずです)
c0184491_8415316.jpg

     CM’s RALLY CAR[LIMITED EDITION]SUZUKI SX4 WRC  1:64
            2007 Tour de Corse / 2008 Monte Carlo




WRCも元気が無くなり 投げ売り状態のこの子たち…
2台入りで ¥1000- でした。

可哀想にと思いながら ウチで飼ってあげることにしました。(大義名分)
長男も「きれいに飾っとく」と 言ってくれました。

c0184491_8535242.jpg

c0184491_8542012.jpg

c0184491_8544564.jpg

c0184491_855841.jpg


帰って写真を撮ると もうドライバーで台座からはずしていた長男。
あぁ やっぱりね…
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-20 23:37 | おもちゃ | Comments(0)

ランボルギーニ ムルシエラゴ ロードスター

そうです
「トランスポーター2」にでてきたアレです。
c0184491_21182052.jpg
  
          Maisto ランボルギーニ ムルシエラゴ ロードスター  1:18



ウチではチビのおもちゃとして購入。
トイザ◎スで なんと¥1000-でした。

c0184491_2147125.jpg



カッコイイと思って買ったのですが 長男は遊びません。
あまりにでかすぎて 他のミニカーと釣り合いが取れないらしく
キョーソーが出来ないのが不満なんだそうで…

c0184491_21492015.jpg


でも
細部をまじまじと見ると 重大な欠陥を発見…
こりゃ危なかろう…

えっ?
どこ?

さあ どこでしょう…
c0184491_21511441.jpg


答えは コチラ(↓)

分っかるかなぁ~っ?
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-19 22:01 | おもちゃ | Comments(5)

東国原宮崎県知事「退職金を半減」

なんかしっくりこない…

めづらしく政治ネタでお送りします…

c0184491_18531888.jpg


退職金を減らすっていっているんですよね?
理由はどうであれ 県の財政の負担が楽になるのはとっても喜ばしいこと。

「納得できる理由が存在するの?」と言いたい。
ん~。なんというか
いちゃもんみたいな質問に辟易してしまいます。
全国に宮崎のレベルが疑われてますよ。
TVでインタビュー答えている人もなんかテキトー。
「アナタはいったいどんなポジション?」という語り方。
一億一色の国民全員評論家なのもマスコミワイドショーのせいでしょうね。

「国政転身の準備?」
…何が悪いの?それで宮崎がよくなれば願ったり叶ったりですよね?
…っていうかまだ おんぶに抱っこを続けたいんだねぇ。

宮崎県民はそろそろ 自立の準備ですよぉ~っ。


理由はなんにせよ 頑張っている方々へ

[PR]

# by garage-reading | 2009-06-18 19:22 | にちじょー | Comments(0)

かわいい電気自動車

「たま」です。
「たま」。
しつこいようですが「たま」です。

c0184491_2129421.jpg

                    『たま電気自動車(1947年式)』




電池で動きそうなブリキのおもちゃに見えますが(失礼)
れっきとした電気自動車です

■石川島飛行機製作所を前身とする立川飛行機が戦後の起業解体後に
 東京電気自動車として法人化し その後 最初の市販形電気自動車
 を発表したのは なんと1947年のこと。
 ちなみに名前は工場地元の地名から「たま」号と命名したそうです。
 (最高速度35km/h、航続距離65km)
 気になるバッテリーは湯浅電池(YUASAブランド)だったそうですよ…。



☆詳しくはコチラ⇒【日本の自動車技術240選「たま電気自動車」】


               写真の後ろにタバコの箱がありそうな気がしてきた…
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-17 21:54 | クルマ | Comments(4)

再「トリコロールデイ」は大決戦の予感

c0184491_20234361.jpg

                   VS



…かどうかはワタシの勝手なソーゾーで失礼いたします。

さて もう再開の再会です。仏車乗りは意外と気が早いのが特徴です(?)。

そうそう
妄想も得意中の得意です。
たぶん 今度の駐車場の様子はこんな感じ……(なのか!?)
c0184491_2035172.jpg

                     【ウチのチビのコレクションより】
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-16 20:37 | クルマ | Comments(4)

昔お付き合いしていたヒト

…じゃなくて お付き合いしていたクルマ「FIAT PUNTO Cabrioret」

たまたま106とのツーショットが撮れました。

c0184491_239235.jpg


ジウジアーロのデザインの「プント」にベルトーネデザインのコラボ「カブリオ」
まぁ なんと言う贅沢…しかもイエローのボディにネイビーブルーの幌がカッコイイ!!
スポーツカーではありませんが トルク重視の走りで街中でもスイスイ快適でした。
いえ それよりも なんだか周りの人たちを幸せにする様な不思議な魅力がありました。

そんなステキなプントカブリオレ。
ワタシがお付き合いしていたのは8ヶ月間の短い間でした。

家族には評判良かったのですが
「どーしてもMTぢゃないとカラダが受け付けない」
というワタシのワガママでお嫁に行くことになりました。

今だに街中で見かけると嬉しくなりますねぇ。

この日 2台並ぶと なんだかドキドキしてました…ん?ヘンですか?
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-15 23:40 | クルマ | Comments(4)

日産フェアレディZ(初代 S30型)

本日は「初代Z」です。

ロングノーズとショートデッキのエレガントなフェアレディです。

c0184491_21148100.jpg

                 1975年式「FAIRLADY Z(S30型)」


【初代フェアレディZ(S30)】
造期間 1969-1978年
乗車定員 2人
ボディタイプ 3ドアファストバック
エンジン 直列6気筒 2.4/2.0L
駆動方式 FR
サスペンション F:マクファーソンストラット R:ストラット
全長 4,115mm
全幅 1,630mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,305mm
車両重量 1,040kg
ブレーキ F:ディスクR:ドラム
最高速度 176km/h


1960年代当時、米国日産の社長であった片山豊の企画のもと1969年先代モデルであるオープンボディのダットサン・フェアレディに代わって発売されたクルマ。
当時のヨーロッパ製の高級GTに比肩するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備え北米市場を中心に大ヒットした。
そして日産の世界的なイメージリーダーカーとして、9年間もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立した。
このフェアレディZ 米国で「ダッツン・ズィー」の愛称で親しまれ、日産自動車の輸出モデルの総称でもある「DATSUN」の名を世界に周知した日産の記念碑的車両である。





さて
エレガントな貴婦人の足元は?…

その逞しくも悩ましい定番のワタナベホイールが地面を掴んでいます。

c0184491_23222248.jpg




オーナーさんに曰く これから足回りに手を入れていきます…と。


後輪を見ていて気になったんですが ドラムブレーキについたこのフィン…

c0184491_23534250.jpg



これは冷却効果のために この形状になっているのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたら 教えてください。


さてさて
1970年代といえば 高度経済成長時代。
世界を相手に いや対等にと言うわけではなくむしろ挑戦者として
ニッポンが戦っていた時代のクルマ。

現在流行の 草食系とはまるで違う…
獰猛なエンジン音を聞かせてもらいました。
c0184491_23594751.jpg


またしてもこの時代のエンジンルームには詳しくないワタシ。
(詳しい方 解説をお待ちしています)
キャブレター仕様のエンジンは 最近ではなかなかお目にかかれませんよねぇ。

ところでコクピットの様子は…
c0184491_0263816.jpg


このスパルタンな内装はどうですかっ!?
使い古された言葉ではありますが まさしく「男の仕事部屋」。
軟弱なオトコでは太刀打ちできない雰囲気がありました。


一方
細かいディティールに目を移すと…
c0184491_0103668.jpg

c0184491_011774.jpg


なんというか
レトロフューチャーというべきデザインの味付け。
現代のクルマにはゼッタイに合わない自己主張もステキですね。

c0184491_0161943.jpg




話をしていると Zのオーナーさんと同い年という偶然。
オーナーさんにもワタシにも この初代Z。
とにかく思い入れが強く…お互い子どもの頃は
夢の 憧れのクルマでした。
いや
とにかく カッコよかった!!
当時 父親の後輩がワタシに初代Zを見せてくれて
何かにとり付かれた様に 時間を忘れて眺めていた思い出が
それはもう 今でも はっきり蘇ります…

本日の出会いは こりゃたまりませんて…
なんか 元気出てきたなぁ!!
こう…まだまだ頑張らなきゃ いかんのですよ と。

c0184491_032364.jpg


世界に誇る 日本のスポーツカーとして愛された「S30型フェアレディZ」
その走り抜けた 記憶には 数々の国産スポーツカーが
そのテールライトを追いかけて行った事でしょう。

しかし
まさか(大切なことではありますが)エコが叫ばれる時代に潜り込み
クルマがクルマらしく在り様とできない姿は
クルマ好きには 不憫で寂しい時の流れです。

本日の出会いは「クルマは斯くあるべき」と教わった気がします。

また この厳しい時代に「己はどうあるべきなのか?」とも考えさせられました。
c0184491_0424920.jpg




長くなりましたが 最後までのお付き合い感謝であります。

「Z」を見せていただいたオーナー様。
引き合わせていただいた元上司。
次回もクルマの話ができれば幸いです…ありがとうございました。
[PR]

# by garage-reading | 2009-06-13 23:49 | クルマ | Comments(10)