<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

走り納めは椿山

c0184491_1464196.jpg

走り納めをいつにしようかと思っていたら大晦日。
ですが病み上がりで咳も少々。なので早めに終えようと思いまして近くの椿山へ出かけました。
風は穏やか。それ故昂ぶる気持ち。だけども無理せずペースはゆっくりと。
今回のマイルールは心拍160を越えないように椿山を登ることに設定。
ガーミンさんとにらめっこしつつ あたりの景色を楽しみながらのヒルクライムでした(タイムは29分弱)
心拍160を越えないように走ったのでゴールの公園に到着してもさほど息も切れておらず
公園でのんびりまったり補給食の饅頭を食して今年の走りに感謝しました。

今年はケガからのスタートでしたが
トレーニングに新しくランニングも取り入れ なかなか充実した1年になりました。

みなさんも良いお年をお迎えくださいませ。

ありがとうございました。



      
[PR]

by garage-reading | 2016-12-31 14:22 | 自転車のある暮らし | Comments(4)

年末恒例

c0184491_145963.jpg


徹底的にチェーンを洗浄(4台分)してピカピカに!





       
[PR]

by garage-reading | 2016-12-30 15:01 | 自転車のある暮らし | Comments(4)

避けては通れぬ道ぞ

c0184491_237447.jpg

ゴミのルールとマナーをご案内 人が生活するうえで永遠の課題







       
[PR]

by garage-reading | 2016-12-29 23:10 | 地域活動 | Comments(4)

セブンでさらばSB

c0184491_0441981.jpg

4⇒5⇒6⇒7 煩雑な手続きと商魂の逞しさに辟易(汗)





[PR]

by garage-reading | 2016-12-28 23:44 | iPhone&iPad | Comments(4)

気になる音楽vol.107(すでにガッキーロス 汗)



オープニングが全然注目されてなかったのが残念です







       
[PR]

by garage-reading | 2016-12-27 21:46 | 音楽 | Comments(4)

道端でこの先を想像する珈琲ブレイク

c0184491_2035028.jpg

今回はこの記事を読んでの雑感です。
年の瀬にもなると人生における冬の時代は
ワタシにとってどんな季節になっているのか 興味深く考えてしまいます。

社会人を勤め上げた後どんな人生を送るのだろう…気にしたことはありませんか?

イソップ童話のアリさんのように真面目にコツコツ積み重ねた蓄えが有るはずもなく
かと言って趣味に生きたキリギリスさんとして晩年大成するわけでもない(童話では違いますが)
生きてる限り古今東西の森羅万象すべて自分の勉強だと生涯学習を目標とするのであれば
ワタシはこの記事に共感せずにはいられません。

現在 地域のお仕事の一端を担っているわけですが
最終的に理想とするところは実際ココなんじゃないかと思うのです。

しかしながら学校のようにアカデミックなお話が聞きたいわけではありません。
その道のプロから聞きたいのは現場のハナシ。体験談。
業界の昨今とその道の行く末を照らし合わせた時に
自分の存在が消えてしまった後の世の中を想像できるんじゃないか?というのが今回の雑感です。

ところで以前から行ってみたいところに軍艦島があります。
そこの何に興味があるのかと言うと「ヒトが居なくなった世界」を実感したいのです。
ワタシが居なくなった未来において 何らかの事情で人類が滅亡した時。世界はこうなるのだと。
そんな未来を目にしてみたいのです。明るい未来が全てじゃなく現実的な想像として。

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」と言った作家が居ました。
2世紀を生きた彼が想像したSFの世界は現代においてそのほとんどが実現しています。

いやワタシのような凡人はそこまで何かを為し得たいという望みはありません。
ただこの世界の道のりを想像するにあたって 夢と現実でいろんな未来をイメージしたいのです。
なので冒頭の記事のように 歳を取った後はいろんなことを想像する時間にしたいと考えています。
一般的な教養だけではなくスポーツや芸能(古典)または食生活についてもそう。
見渡す限り身の回りのすべて。その未来をイメージしたいのです。

そんなことを考えていると来年のテーマは「興味が無かった分野に注目する」でしょうか。

アラフォー世代は日々の生活に追われてやりたいことも中途半端なままですが
勤め上げた後の楽しみのために なにかしら興味を探っておきたいものです…予行練習としてね。



さてさて新しい1週間がスタートしました…が新しいとはいえ今年最後の1週間です(汗)
毎年同じ繰り返しですが今年もあっという間に終わってしまった印象です。
2016年にやり残したことはありませんか?
やって終えることはやっちゃいましょう。無理のない程度に。なに最後の最後で帳尻が合えばいいんです。
やらなかった実績は残さずに。結果が出なかった内容は繰り越しても問題ありません。
当初の想像が未熟だったんです。だからやっぱりイメージは重要なんですよ。
想像できなかったことができるわけありませんもの。
だとすれば下調べと現場の取材はお忘れなく。未来の選択肢が広がるでしょうから。

今週もはりきっていきましょう~☆



     
[PR]

by garage-reading | 2016-12-26 23:30 | ことだま | Comments(4)

代車はある日突然に

c0184491_0301759.jpg

ギリギリまで日程が決まらなかった車検のハナシが急きょ動き出しまして…
しかしながらピッタリなクルマが無かったのか 工場でワタシを待っていたのはこの子。

いやいやこんな新しいのは ねぇ?ワタシの営業車26万キロだし。気兼ねなく使える方がねぇ(汗)
いいの?でもせっかくの良い機会だし…と ちょっと遠回りして職場に帰還したんです。

そぉか~これが日本で一番売れてるクルマ(普通車)かぁ。

へぇなるほど。

ふ~ん…ふ~ん…ん。

…。


       
[PR]

by garage-reading | 2016-12-25 23:30 | クルマ | Comments(6)

Merry Christmas



ゴースト/ニューヨークの幻やプリティ・ウーマンが上映された年の歌…あの時の雪は誰に積もったのだろう






       
[PR]

by garage-reading | 2016-12-24 21:33 | 音楽 | Comments(4)

イメチェンで出勤

c0184491_15135.jpg

ブルーな気持ちで休日出勤するのはアレだから 小町号をゴソゴソいじっていた前日の夜。
小町号のホイールはダモっちの完成車に付いていたフルクラムのレーシングセブンです。
コレを取り外してマンバのレーシングゼロに履き替え朝を待ちました。

漕ぎ出しは軽く気分も上々。さぁ出勤だ職場へGO!と調子良く走り出し そして進路は西へ…。

ズボボボボボボボボボボボ!

かっ風がスゴい…ホイールが軽くなったのに ゼンゼン前に進まない(涙)
しかも橋の上に差し掛かると横からの突風でフラつくアラフォー涙の休日出勤。

だけども一旦進行方向が東に変われば 追い風を背に受けて小町号もぐんぐんスピードが上がります。

おぉ!オレは風だ!

あ いかんいかん。調子に乗り過ぎて怪我したらお仕事に支障が出てしまう。
逸る心をなんとか押さえつけて職場に到着。あぁ おつかれさま小町号。

小町号は基本的に通勤で使用していますのでイチニチ限りの組み合わせでした。


c0184491_145836.jpg

c0184491_145617.jpg

ANCHOR RA6 × FULCRUM RACING ZERO








        
[PR]

by garage-reading | 2016-12-23 23:55 | 自転車のある暮らし | Comments(2)

随分以前に届いてましたが…

c0184491_19454182.jpg

アマゾンのお気に入りに追加してたら…いつの間にか安くなっていたので購入。

ところで今いくらくらいなんだろ?と
アマゾンで調べてみるとワタシが購入した時より1000円くらいアップしてる!
クリスマスプレゼントに合わせて値上げなんでしょうか?(複雑)

ちなみに左がワタシの。右は長男の卓球道具…ボール入れです(笑)






c0184491_194345100.jpg

ジツはコレ サイクルバッグなんです。
メッセンジャーバッグを作っているティンバッグ2のサイクルバッグ。

今月初めに挑戦した150kmライドの際 少しでも荷物を載せるために購入しました。
取り外しもラクラク。見た目もお洒落。思ったよりも収納スペースがあるのはウレシイ。
ちょっと難ありなのは荷物の出し入れ。開けにくいですね。
ただ緊急事態に備えた自転車グッズ(チューブや工具)を入れておくのにはピッタリかと。



ロードバイクをスッキリ見せたい方にはオススメですよ~☆




c0184491_20541267.jpg








          
[PR]

by garage-reading | 2016-12-22 21:05 | 自転車のある暮らし | Comments(4)