<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

晴れやかな気持ち

c0184491_19211611.jpg

走行距離600㎞でした…しかも全部下道(笑)
スタート地点は日南市飫肥で朝5時30分に出発しました。県内はほぼ雨。
これはダメなパターンか?と思いながらも高千穂を経由して阿蘇を目指しました。
(ややっ 何のハナシか分からない?えぇ 昨日のトリコロールデイです はい)
到着はおおよそ10時。往路はなかなかイイ感じのドライブでした。
で 帰りです。お土産を飼わなきゃと思いながらも さっそく渋滞に捕まります。
あ 今度は八代~えびの経由。もちろん下道。最後の辛子蓮根を買ったのは八代でした。
それからさらに人吉~えびの~小林を抜けて都城へ。そして222号線で飫肥に到着。
そこから宮崎に帰ったのは23時を過ぎようとする頃でして もうクタクタで ははははは(乾いた笑)
自宅前で600キロメートルのカウントを数えて到着しました。

いやぁ長かった。遠かった。久しぶりに蒼いマボロシといろいろ語り合えた気がしました。

そして本題です。
やっぱりね。宮崎からは正直遠いのです。せめて1時間くらいのワインディングで到着ならね。
でもね やっぱり行って良かったと思うのですよ。こんなに疲れたのになぜかキレイサッパリ。
ホント風呂に入った気分ですわ。
いやいや遠くの温泉ですかね…秘境のそれがピッタリか?(温泉苦手ですが 笑)

参加はじめの頃って 珍しいクルマがたくさんで写真もたくさん撮りまくっていたのですが
回数を重ねるごとにご縁が広がって たくさんの方々とおしゃべりするので精一杯。
こうなると写真もあっこそこしか撮れてませんの。せっかく娘からミラーレスを借りてきたのにね。

トリコロールデイの醍醐味は「見る・会う・食べる」の3色だと思うのです(勝手に決めました)
毎年 食べるってテーマが疎かになってしまって 何か対策を考えないといけません。
出店の売り切れが早いのもこのイベントの特徴なのですが 並ぶよりは語るを選んでしまいます。
さらに深いところまで語りたければやっぱり前夜祭なんだろうなぁ。
そうそう 和菓子は完売しました。あ いや別に売ってませんけど 外で食べる和菓子はすこぶる美味い。

それはそれとしまして 終わってみたら
結局のところ全部ひっくるめて とにかく楽しかったというわけです。
それぞれの億劫さ加減が絶妙のスパイスになってたんでしょうね(ゴメン ちょっとテキトー)

そういえば(あの)大雨のトリコロールデイも終わってみれば良い思い出でした(かなり遠い目)


さてさて 新しい1週間のはじまりです。昨日の疲れは出ていませんか?
ワタシは本日お盆休みの代休をいただくはずでしたが 午前中に仕事が入りどんよりしたスタート。
しかも午後からは寂しいイベントがありましたのでちょっぴりブルーな感じです(また書きます)
ところで 思いつくままに下書きもせず書き連ねましたので 伝わったかどうかがビミョーなきょうの内容。
テンションがナチュラルハイになってんのかなぁ。

今週もはりきっていきましょう~☆
[PR]

by garage-reading | 2013-09-30 23:00 | ことだま | Comments(2)

トリコロールデイ2013に参加

c0184491_013722.jpg

とっても楽しい時間をありがとうございました。
心地の良い天候に恵まれて まったりとした時間を過ごすことができました。
木々やさしいざわめきと たくさんの笑顔と笑い声が印象的で 良い意味で静かなヒトトキでしたね。

ケンジさん夫妻をはじめ スタッフのみなさん本当にお世話になりました。

また来年ですね。楽しみにしてますよ~☆
[PR]

by garage-reading | 2013-09-29 23:58 | トリコロールな日々 | Comments(10)

それぞれのトリコロールデイへ2013

c0184491_183425.jpg


準備は上々…あとはお天気です。

ちなみにここでの準備とは洗車。俗に言う雨乞い(笑)

終了後に禊の雨らしきものがダーっと来ましたので
明日は大丈夫か?…

そんなこんなで
みなさんよろしくお願いいたします。
[PR]

by garage-reading | 2013-09-28 18:03 | Comments(6)

らいよんぐみステッカー2013完成

c0184491_7302832.jpg

機械でカットしてあるので見た目がキレイになりました…のでラッピングは手抜き。
トレーディングカードのポケットを購入してただ突っ込むだけです。いひひひひひ。

世の中便利なものがありますなぁ(しみじみ)
[PR]

by garage-reading | 2013-09-27 23:30 | トリコロールな日々 | Comments(0)

自転車のある暮らしアレコレ vol.5

c0184491_22591238.jpg

着々と進んでいますね。ここは宮崎市の中心街です。
左側のスペースは自転車専用レーンができる予定とうかがっております。そして左側走行。

何処まで浸透するのかは 市民の意識にもよりますが 気になる話題も出てきております。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
自転車の右側走行(逆走)が遅くとも12月13日から禁止に。違反者には5万円以下の罰金/Yahoo!ニュース

車道の逆送はホントに危ないんです。
[PR]

by garage-reading | 2013-09-26 23:18 | 自転車のある暮らし | Comments(0)

力と効率



もはや自転車のエンジンであるかのような錯覚さえあります…なんか凄いスポーツですわ。



[PR]

by garage-reading | 2013-09-25 22:18 | 自転車のある暮らし | Comments(2)

気になる看板 vol.6

c0184491_20191930.jpg

看板と言うよりも…標識?でもないし。とにかくコレ なんであっち向いてるんでしょ。
いつも通るのに初めて気が付いた。もしかしてコレがデフォルトなの?



[PR]

by garage-reading | 2013-09-24 20:28 | ナニコレ? | Comments(4)

周りを見ずに動き出す

c0184491_20235748.jpg

昔っから 思い立ったが吉日とも申しましてね…
何かを始めるのに 遅すぎるということはない…とも。

大人になってから できない理由をどうのこうの言ってる方を見ると なんだか痛々しい。
それは できないんじゃなくて
本人に技術が無いか ヤル気が無いかのどちらかだ というのも有名な話。

映画評論家が映画を撮りたくないのは もしかしたら同じ理由かもしれません。
たまに思うのですが
テレビの街頭インタビューで さも専門家のように答えられる人を見るといろんな意味で凄いと思う。
…それ どっかで聞いたって思うのもしばしばですわ(一億総評論家時代?)
ともすると
やらない側の方で 誰かの失敗を見ては ほくそ笑んでいる様な気がしてしまうのは考え過ぎなのでしょうか?

書き連ねていくと いくつか心当たりがあるので
あらためて それをやめてみようと心に決めたのは ここだけのハナシ。

とりあえずは プールに入って考えますね。



さてさて新しい1週間のはじまりです。
気が付けば来週はトリコロールデイですね…あ なんにも準備していません(笑)
とりあえず ステッカーは今週出来上がりそうです。
月末のお仕事を滞りなく終わらせて 来るべき日曜日に備えたいところです。

今週もはりきっていきましょう~☆



ちなみにワタシ泳げませんので プールはちょっと…
海で泳ぐなんて「死ぬ気か?」と本気で思います(苦笑)


[PR]

by garage-reading | 2013-09-23 21:16 | ことだま | Comments(2)

敬老会

c0184491_23511646.jpg

地域の敬老会が無事に終了いたしました。
ダンスチームのパフォーマンスにはじまり 民謡とひょっとこ踊り。そしてギターの懐メロ引き語り。
そして参加型のイベントとしてのパッドトゴルフ大会。
こんなにも催し物たくさんの敬老会はかつて無かったんじゃないかと思いわれます。
それにしても最近のおじいちゃんおばあちゃんは元気げんき。
ワタシが年取ったときは どうなってるんだろ…ははははは。

それはそれとしまして なんでもダンスの先生の踊りがすばらしかったと 男性スタッフが大喜び。
残念ながら遅れて参加しましたので見られなかったの そこがちょっと心残りでした(笑)

関係者のみなさん 楽しい敬老会をありがとうございました。

…こうやって書くと ワタシが対象車みたいですね(苦笑)
[PR]

by garage-reading | 2013-09-22 23:48 | にちじょー | Comments(2)

いよいよはじまります



楽しみにしています。なのに気になっていたことが…やっぱりそうですかぁ(涙)
自転車のブランドは架空のものになってしまったのですね。

PVを見る限りでは 今泉君のジャージが「SCOLT?」 ん~「SCOTT」じゃないの?
興味の無い方々にはどうでもいいことかもしれませんが これはちょっとやだなぁ。
あ でも 自転車の動きは素晴らしいと思うの。

宮崎では放送しないのですけどね(笑)



[PR]

by garage-reading | 2013-09-21 22:38 | 自転車のある暮らし | Comments(0)