カテゴリ:ことだま( 300 )

ご縁というもの

c0184491_22522991.jpg


ご縁というのはホントにあるもんだなと…
いつの間にかどこかで繋がっているとか 信じがたいようで現実はそんな感じ。
そんなことを多く実感するといろんな団体が使用する「絆」って言葉が胡散臭くて困ります。
それをつくろうとすればするほど何とも嘘っぽい。
言葉に酔っているのか?利益を得る輩が存在するのか?ゲスの勘繰りが始まる自己嫌悪。

とっつきはどうであれ何でもよいはず。始まることに拘りは無い。
好き嫌いはあるはずもこなれてくると意外とどうでもよくなってくる。
明らかな敵意と悪意を取り除けば嫌いなところもえくぼに思えてくるもの。

そんなこんなで幾年月の歳月で それを絆と呼ぶかどうかは別として
出会った事実と ここまで来た道のりは何かのご縁。有り難し。

ご縁を感じたならば次は貢献かと思うのです。
たぶんご縁の中にギブ&テイクなんてありえないはず。
だったら自分のできることの中で何をしてあげられるのかを考えるだけでも楽しい。
最近気が付いたのは そのあたりがボランティアってことじゃないのかってこと。
出来ることをできる範囲で。ご縁があったなら。感じたならば。



さてさて新しい1週間がスタートしました。
新しい年度になると新しい動きがあるわけでして ただやり方は旧式の精神負担型のそれ。
ところでワタシに限ってプライベートで言えば来るもの拒まず去る者追わず。
だけどもお仕事のハナシで言えばそうもいきません。
営利団体の悲しき体質は建前は置いといて損得のみの銭勘定。
時にとある昼下がり 飛び込んできたのは複合機のとある営業マン。
いくつかご提案差し上げていので御社のことを教えてください…と。
え?見ず知らずだよね?ていうか馴れ馴れしいなぁアンタ。
初対面のアンタがうちの会社のために何かやってくれるなんてもしかして神か?
「今時飛び込み営業なんて感心だなぁ」(上司)
え~?貴重な時間を削って相手してたのワタシですけど?

今週もはりきっていきましょう~☆





     
[PR]

by garage-reading | 2017-05-22 23:30 | ことだま | Comments(6)

変梃りんで無責任なポジション

c0184491_20473910.jpg

コンテンツの内容はさほど憶えていないのですがこのフレーズが気なって気になって(笑)

幼少の頃へ記憶を遡らせ親戚のオジサン(叔父とか伯父とか?)を思い起こせばなるほど…と。
どうでもいい情報をばら撒いては両親を困らせていたオジサン…元気かなぁ(遠い目)
お正月もお年玉を配った直後に回収。そしてボーリング場で優勝者総取りの遊びをしてくれたっけ。

ところでオバサン(叔母とか叔母とかね)はどうかといえばなんだか口うるさい存在。
当事者じゃない分 言いたいことを思うまま言ってきます。
一番電話に出たくない親戚はたぶん伯母だったと思う(笑)

思うにどちらも無責任なんですよね。両親よりも。

それはそれとしまして近所の子たち。また地域に空く子供たちとどう接するのか。
そう考えた時に自分のポジション…設定はどんな感じが良いんだろうって。
オジサンオバサン ここら辺にヒントは無いのかなって思ったんです。

ナンだこのめんどくせぇオバサンは?でも良いし
何このヘンなオジサン?ちょっと面白いんだけど~と人気者になるも善し。

困っていたら親身に接すればよいのでしょうが
そうでない時はもちょっと無責任で良いんじゃないのかなって。
親とは異なる怒り方。または話のアプローチ。今後の課題です。



さてさて新しい1週間がスタートしました。
そろりそろりと夏が近付いてきましたね。
中学生や高校生も制服が合服になり始めたら ワタシもさっさとクールビズ。
堂々とノーネクタイで仕事ができるのはラクチンでイイですね。
ワタシは半袖シャツは持たないので いつものカッターシャツを着用しているんです。
首元がだらしなく見えないようにすべてボタンダウンを選んでいますが(それしか持ってない 汗)
ボタンダウンやクレリックシャツはフォーマルNGとうるさく言う方もいらっしゃいますよね。
でもお堅い仕事で無い限り気にしなくて良いんじゃないの?とも思うわけです(個人の意見)

それよりも御役所で観光関係の部署が無理やりアロハシャツを着せられてるのはちょっと痛い。
立ち上がると見えてくるダークなパンツはアロハにはマッチしてませんよね?
本人やその奥のお偉いさんは 涼しげで好印象を与えてると思ってらっしゃるのかしら?
中途半端なパンツよりむしろジーンズか短パンでもいいんじゃないかと思うんですよ。
無責任な言い方でアレですが履物もサンダルでもOKだと市民が認めてあげれば
もっと柔軟な発想がコームインから生まれてくるんじゃないのかな?(無責任すぎ 笑)

今週もはりきっていきましょう~☆





       
[PR]

by garage-reading | 2017-05-15 23:55 | ことだま | Comments(2)

ヒントは立ち位置でした

c0184491_22451812.jpg

国語のテストだけは点数が取れていた学生時代。
ですが小説問題は苦手でして なんとか部分点をもぎ取ろうと
先生相手に変な屁理屈を並べていたような記憶があります…お恥ずかしい。

国語の試験にテクニックがあるとするならば冒頭の言葉が間違いないでしょう。
作者の意図するものはそっちのけで 出題者がどんな思いで出題しているか。
学生時代はそういうこと考えてなかったなぁ。

地域の役割上 突然に無理難題がやって来ることがあります。
正直「どないせいっちゅうねん」ってのもしばしば。
優柔不断なワタシがストレートにお答えするなんてありえませんし(汗)
ましてや一気呵成に解決してしまう魔法も持ち合わせておりません。
ことさらその現場で何が正しいかの議論は適していないのかもと思うのです。
だとすれば訴えてきた方が何を意図する意見を持っているのか?
発する言葉を紐解き できれば状況を知るために周りの情報を収集しなくてはなりません。

ところで世の中の「やさしい」理由を集めたクイズ番組がありました(もう終了してます)
非常にふわふわしたスタイルでしたが斬新な出題だったと記憶しています。
これも当事者の気持ちになって考えると解ける問題で ときおり優しい気持ちにもなれました。

忙しい現代社会(なんかえらそう)において
善悪の判断をもって早急に解決することが正しいわけではないと思うのです。
ワタシが抱えた無理難題もよくよく話を窺ってみたら大した事象ではないケースもままあります。
例えば単純に愚痴を聞いてほしいってこともあるんですよね。

もしかしてワタシはやさしさの試験を試されているんだろうか?
先生相手に変な屁理屈を並べていた学生時代よりは成長してるよな?
と考えた月曜日でした。



さてさて新しい1週間がスタートしました。
GW真っ只中ですね。いかがおすごしでしょうか。
最近はいろんな事件や事故が多く メディアが賑わっている印象です。
ところでワタシは人前で話をすることが多くなったのですが
キチンとしゃべれるようにちょっとしたトレーニングをしています。
それは日中のラジオ(主にNHK)でニュースが流れるたびに
アナウンサーの話した内容を追っかけながら内容を真似して車内でしゃべっていることです。
先日は初めて聞く緊急のニュースで自分でしゃべりながらビックリすることがありました。
例の3.8億円強奪事件です。おもわず「サン億ハッセンマン?」と声が上ずりました(笑)
この方法って英会話の教材に多いみたいですね(シャドーイングって言うそうです)
ハナシの練習や頭の体操にもオススメですよ。
できるだけ周りに人がいないことだけは確認してくださいね(笑)

今週もはりきっていきましょう~☆




     
[PR]

by garage-reading | 2017-05-01 23:55 | ことだま | Comments(2)

読み終わった本は捨てた方が良いのかが問題です

c0184491_20385765.jpg

いや。なんだ。これはワタシのことかと思ったわけです。
きょうの放送を聴きながら変な汗が出てきました。
人生で語るとちょっと大げさに聞こえますけど要は日々のお仕事もそうかと。

そうそう先日も某番組で占いをやっていましてね。
ワタクシ砂浜の本棚に本は100冊でした(笑)抱えている問題が多すぎる(爆)
このあたりでちょっとおかしいのかも?と考えていたところに今日の放送です。

それまではいろいろ考えあぐねているつもりだったのです。
でもねそれはどちらかと言えば迷って判断ができていない状況だったんですよ。
ええ現実逃避で間違いありません。
ワタクシ悪い癖がありまして 人にお願いするよりは自分でやって終った方がラクっていうソレ。
これやっといて~が言えない(笑)下手すぎるんです(涙)ワタシやっときますでいいかって。
お仕事をきちんと終えることが目標だとしたら納期を守るのは絶対の条件。
分担作業を考えに考え抜いて…いやぁ自分でやっちまおうなんて。
あれって考えてたんじゃなかったんですね。
単純に決断の先送り。悩んで躊躇しての現実逃れでした。

自分一人で抱え込んで仕事をやっつけてしまうには圧倒的にスキルが足りていません。
その準備も無しに他人に任せることなく見実ギリギリでアタフタするのを
他人に見せるのはその人たちにとっても精神衛生上よくないと思うのです。

健全な精神は健全な肉体に宿る

行き着くところは健康。そして体を鍛えること。
健康オジサンになってきた自分にビックリしている44歳の春。



さてさて新しい1週間がスタートしました。
あっという間に今年の1/3が終わろうとしています。
ワタシの職種 年明けから年度初めが忙しくてタマリマセン。季節労働並みの偏り方です(汗)
思い出せば子供のころやったドッジボール。
逃げて逃げて逃げまくって最後の最後で集中砲火を浴びて敢え無く撃沈。
チームプレイでも逃げまくり 最後のひとりになって逆転するはずもないのにね。
そのままの性格で大人になってんなぁ(苦笑)

今週もはりきっていきましょう~☆




     
[PR]

by garage-reading | 2017-04-24 22:30 | ことだま | Comments(2)

うまくできているもんだ

c0184491_2092325.jpg


子供のころ描いていた夢は ばくぜんとカッコいい大人像。
それが少しずつ大人になるにつれて 言い訳じみた付加価値を付けた具体的な職業に。
え…ワタシ?ん~なんになりたかったんだろうなぁ(遠い目)

思えば悩みも然り。幼い頃は空が落ちてくるんじゃないかと恐れたり(杞憂ね 笑)
勉強しなかったらダメな大人になるんじゃないかと焦ってみたり(爆)
今になったら年金問題や老後の生活そして病気や介護…なんと具体的なことか(さめざめ)

美味しい食べ物のハナシもエラい具体的になりました。
どこどこのなになにがどうのこうのでなんちゃらかんちゃらと食レポのようなハナシ(笑)

子供もそう。誕生のころは元気に生まれれば良いと思っていたのに
成長しだせば やれ運動神経はやれお勉強はなんてどんどん贅沢に。
あ なんだそこか。ワタシは大人になるにつれて贅沢になっていただけなんだ。

表向きは 年とっても元気で健康的だったら儲けもんだと思ってはいるのですが
やっぱりね お金はあっても困るもんじゃないから少なくても良いなんて嘘になる。
後ろめたい気持ちは無いものの 年を取ってはいつの間にか自分自身が嘘まみれ。



さてさて新しい1週間がスタートしました。
年度末が終わり 地域のイベントも終了しましたら次は年に1度の大仕事(職場のね)
プライベートとしましては5/28のトリコSに照準を合わせつつも
自転車は5/27の椿山サイクリングでしょうか…こちらはケガの回復を最優先です。
それはそれとしまして先日の総会で配った防災資料。
夜な夜な考えれば考えるほど不安になって眠れなくなるくらいモヤモヤしていたんです。
ですが配り終わると喉元過ぎてなんとやらで…いやいやいかんいかん。
ホントにね もういろいろ準備しないと と気ばかり焦る日常です。

今週もはりきっていきましょう~☆




     
[PR]

by garage-reading | 2017-04-17 23:55 | ことだま | Comments(2)

どっちやねん

c0184491_2047412.jpg

見えないモノを信じるようになったら企業は社会的にお終いかと思うんです。
(個人的な宗教の信仰は人それぞれですのでここではまた別のハナシです)

ということで今回はコチラの記事を読んでの雑感です。

だいたいアイツのあそこが気に喰わないとか態度がイラつくとかもうね…知るかと。
個人の性格はさておいて達成すべき目標や をクリアするために
チームは淡々と職務を遂行すればいいんじゃないかと考えています。
その中で一息ついて和気あいあいとコミュニケーションをはかるのはプラスになりますよね。
そこで良い気持ちになって存在を認め合えば仕事も捗るはずなんです。
認め合えば仕事の成果なんて後で付いてくるんじゃないかと個人的には思うのです。
仕事の成果で認め合うのか?認め合うから仕事の成果があがるのか?
そこはワタシは後者を信じたいところですね。

なのにこのSNSはどうしたものなんだと(大汗)
いやいいや ワタシはこんな会社では働きたくないなぁ。
なんか社内の点数稼ぎが見える化してるだけなんじゃないかと…ワタシだけですかね(笑)

そうそう気合と根性をどこかに忘れてきたワタシにとってはこのCMも苦手。
もしも心臓バクバクさせながら自転車で坂道昇ってる時に ヤル気があるか?なんて
馬鹿にするのもいい加減にしてほしいと思うんです。お前は神か?とね(爆)

何が言いたいのかというと
ワタシのことはほっといてって(笑)そういうことなんです。


さてさて新しい1週間がスタートしました。
きょうはあちこちの学校で入学式があったそうですが…なんと春の嵐(涙)
(串間市では川の水位が上昇して避難勧告がありました)
それにしても学校行事の要所要所で雨に祟られる気がするのは
やっぱりその時の天気のインパクトが強いからでしょうか?
それはそれとしまして気になるのは今週末のお天気。
お花見するには最後のチャンスと思うのですが予報なんだかビミョーな感じ。
経済効果的にも精神的安定のためにもなんとか雨だけは避けたいですね。
今んとこ期待を持たせるような味付けの予報と邪推してしまうのはワタシだけでしょうか(汗)

今週もはりきっていきましょう~☆




      
[PR]

by garage-reading | 2017-04-10 23:46 | ことだま | Comments(2)

ワタシは40過ぎて分かった

c0184491_2224165.jpg

今回の雑感はコチラの記事を読んでのハナシ(元ネタが2ちゃんなのでユルっとしてます)

ワタシの好きな女優さんが「30歳になったらヨーイドンだ!」とは以前記した通り。
それと同時に気が付くことたくさんあったはずなんです。
…はずなんですが気が付いたら10年経ってましてあわてて思い返すアラフォーのワタシ。

ところで自転車のある暮らしをはじめたのがおおよそ7年前。
40歳になる前に健康に気が付いたわけです。この体重はどうなんだ?とね。
いやそれまでいろいろ試したんですよ。
とりあえず走ったりしましたが体重が重いので続くはずもなくすぐにウォーキングへ切り替え。
でもね歩くって基本的にヒマ(個人的感想)コースもそんなに変わらんし。
で…長男の保育園への送り迎えが無くなったことをきっかけに自転車通勤をはじめるのですが
これがドンズバでワタシの中の何かが覚醒したわけです(以下略)

あれよあれよという間に体重が激減。気が付けば20kg以上のダイエット(笑)

いやぁ健康って素晴らしい。風邪ひくこともほとんどなくなったしね。
食べ物も制限してませんもの。嫌いなものを頑張って嫌々食べなくないから(汗)

健康は財産ですわ。そう思いました。
決して給料が上がらなくても(笑)健康になるっていろいろリスクが減って
結局のところ人生のコストダウンなんじゃないかと思うわけですよ。
え?自転車代?いやそれはガソリン代が浮いたからいいんじゃないですかね?(すっとぼけ)

それはそれとしまして冒頭の言葉。
たぶん「いい加減な」とか「無責任な」って意味だと思うんです。
(だって本気のテキトーは緻密な計算が必要と信じていますんで)
某地域活動を使命感でやってるわけですけど大きな会合に行くと
「え?そんなんでいいの?」という場面がフツーにあります。
たぶんこれくらい無責任な感じの方が次の後継者を捕まえやすいのかな?と反省。
大人はみんなエライと思っていたんですけどねぇ(なのに残念)



さてさて新しい1週間がスタートしました。
今回は新しいことは何一つ記しておりません。
新年度のスタートラインで周りを見渡したらこうだった…という状況を考えてみました。
ワタシの職場も特に何するわけでもなく通常運航でスタートしたんです。
これはどうかと思うんですがワタシと言えば「早よ持ってきて!」と朝から急かされた納品。
なんだか不本意なスタートの2017年度となりました(涙)

今週もはりきっていきましょう~☆




     
[PR]

by garage-reading | 2017-04-03 23:53 | ことだま | Comments(2)

助かるために信じるものは

c0184491_19565685.jpg

以前ここにも書きましたが 現在地域の防災資料を編集中であります。
これって考えれば考えるほど不安になるんですよ。ホントに。
最後の最後 ギリギリの極限状態って想像したことありますか?
サバイバル能力が著しくかけているワタシにとって至極難問。

で…いろいろ調べたんです。正確にはたくさんググった(笑)
極限状態にある状況って具体的に何なんだろうって。
泳げないワタシとしましては やっぱり海の事故。絶対にイメージしたくないこと。
海に浮かんで助けを待つ?何日も?実際に救命救助を待つ気持ちは?
と考えて出てきたのは冒頭の言葉。

大事なのは気の持ちようなんでしょうね。
助かると信じた人だけが助かったんだと思うのです。
そう考えると防災の資料にもこの言葉を記載したいなって考えました(勝手に検討中)
大惨事の中。ひとりで助けを待っている。話しかけてくれる人もいない状況は孤独だ。

強い精神力ではじめの三日間を乗り切ることができれば
十日間は生き延びることができると信じることができます。

現実主義のワタシが考えるところの 信頼できる統計学のはず。
信じる信じないは人それぞれです。ただ信じるためにどんな解釈をするか。



さてさて新しい1週間がスタートしました。
今週が今年の正念場 ピークの絶頂。
職場の机に向かうことなくイチニチが終わる今日この頃。
電話に出ればとりあえず謝る。現場の確認。そしてお願い。
こんな毎日はイヤだと思うところですが
それでも遭難・漂流に比べればたいしたことはありません。
それとこれを比べちゃいけないのも分かっていますが
日常の忙しさも のど元過ぎて振り返ればよい思い出となることを信じまして…

今週もはりきっていきましょう~☆






     
[PR]

by garage-reading | 2017-03-27 23:53 | ことだま | Comments(2)

子供のまなざしの先にあるもの

c0184491_2230126.jpg

地域での立場上 子供達に改まったお話をすることがあります。
それは説教じみた内容になったり また言いたくない苦言もしばしば。
ほかにもルールやマナーの守れない子供達に注意をすることがあるのですが
自分のスタンスがいまいちわからないままでした。
で 冒頭の言葉で色々と考えたわけです。
個人的には多少のやんちゃに目をつぶっています。
ただ明らかに危険なことや他人の迷惑になることはNG。
それよりも「その年令で考えれば分かること」には細かいところを説明するわけです。
なぜダメなのかってことをね。
やっぱり頭ごなしってのは良くないかなと思うんです。
だってワタシがそれを受け付けませんから(笑)
でもイチイチ「なんで?」って聞いてくる愛おしいガキんちょには
「ダメなもんはダメ」理不尽に理不尽で対抗する大人げないおじさんです。
ただ怒られるその状況や環境を作ってきたのは 我々大人たちじゃないかと思うのです。
そこはしっかりと自問自答した上で話さないといけませんね。
子供達が未来を感じられるような話し方ができるよう精進したいと 心積もりだけが空回り(汗)

ところが自分の子はもっと難しい。
頭ごなしはよくあることで つい感情的になったりもするんです。
でもね「お前はどうなんだ?」と心に問うこともあるんです。
要は幼いころの自分に子供のダメなところを照らし合わせているんでしょう。
自分に似ててイヤなところばかりが目について 自己嫌悪に陥ることはよくあることです。
子供は親の背中を見て育つとはよく言ったものでして これは裏切らない姿勢だと思うんです。
たとえばワタシ自身が親になった時に参考にしたのは自分の両親です。
良くも悪くもというと誤解を生じるかもしれませんが 常にリスペクトは根底にあります。
我が子供達にも「こんな大人になりたくない」と思われないようにしなきゃいけませんね。
そうそう「勉強しろ!」なんてなかなか言えないセリフです。ワタシがイヤだったから(笑)
でもね不思議と両親から言われたような気はしませんね…いや忘れているだけかも?
だけども好きなことができるためには努力が必要なんだと…ヒトコトで言えばそれだけでしょうか。
ワタシが好きなことをやれているかどうかは また別の機会に記したいと思います(汗)



さてさて新しい1週間がスタートしました。
いよいよ年度末も大詰めです。三連休なんかどこ吹く風のお仕事三昧で幸せな毎日(やけ○そ)
こうもやることが多いとあら不思議…けっこう意外なスピードで物事が進みます。
あれってなんでしょ。仕事は忙しい人にお願いしろってのはあながち間違いじゃないと思うのです。
先日も記しましたが 現在地域の防災資料を作成中なんです。
けっこうイイ感じなんじゃないかと思えば思うほどヤル気が出てくるんですよね(笑)
こういうのはライフワークになりうるんじゃないかと思うんです。
やりがいというフレーズは使いたくないので言葉にはしませんが
多少なりとも誰かの役に立ってるんじゃないかと思うことで充実感を得ております(遠い目)
完成間近で自分自身でも楽しみでして いやぁこんなことは職場では味わえませんわ(爆)

今週もはりきっていきましょう~☆




     
[PR]

by garage-reading | 2017-03-20 23:59 | ことだま | Comments(2)

気持ちの無い作業

c0184491_21491291.jpg


「これはお節介だから」と前置きで始まればそれはまだしも
良かれと思いつつ意思の疎通ができていないとお互いが悲惨な結果になることはしばしば。
勝手な思い込みで喜ばせようとやってはみたものの 相手が気を遣ってビミョーな空気。
なんだこれは!この無駄なエネルギーはどこに行くんだ?

例えばプレゼンテーション。
クライアントの要望はそっちのけで自分たちのやりたい思いだけが空回り。
そりゃぁお得かもしれない。そのハナシ。
もうちょっと下調べが必要だったんじゃないの?と自己嫌悪。
段取り八分はこのことかと思い出してみては猛反省。
塗装屋さんも仕事は下地で決まると言ってたなぁ。

ところで以前TVでやってました「プレゼントに何が欲しいかききますか?」って質問。
ワタシは聞きますし反対の立場でしたらやっぱり聞いてほしい。
今イチバン欲しいものをプレゼントしてほしいわけじゃないんですよ。
自分のお金で買うには躊躇してしまうモノが良いんです…個人的には。
いやいやワタシのことなんてどうだっていいんです(笑)

お仕事で気になったら尋ねますよね?
原稿や指示書通りにやるだけなんてそりゃただの作業ですわ。
挙句の果ては「私は間違ってません!」だって。
そりゃそうさ!間違ってるのは原稿だし指示書もそうなんだよ。
でもさなんかおかしいなって思ったらl聞くでしょ?フツーは。
それをギリギリに仕事あげて今これをどうしろと?
「良かれと思って勝手にやりました」だったらまだ気持ちはわからんでもない。
間違ってたとしてもお客さんには説明が付くしフォローもできる。
作業だけなんてもうそれ以下ですわ…ホンマに(溜息)

着地点の見つからない愚痴だらけの文章で大変恐縮です。
よしんば良かれと思ってやるんだったら
どっちに転んでも良いように ふたつみっつくらい準備しようと思いました。


さてさて新しい1週間がスタートしました。
もう何が何だかわからない毎日。あっちもこっちも締切だらけで東奔西走。
身体も心も破綻しそうなりながらイチニチいちにちをしのいでいきます。
ワタシだけじゃないんでしょうが毎年繰り返しても全然慣れませんね(汗)

今週もはりきっていきましょう~☆




     
[PR]

by garage-reading | 2017-03-13 23:50 | ことだま | Comments(2)