それぞれの新しい年へ向かって(前編)

c0184491_20504168.jpg

年末のお忙しい中「gaRage Reading」を開いていただきましてありがとうございます。
2012年も あと1日となりました。

今年1年を振り返ってみますと こんなにも忙しく充実した年があったのかと
世の中の40歳(同級生はすでに)というのは こうも濃ゆい時間を過ごしているのかと
あらためてしみじみ実感しているところであります。

【お仕事編】
職場の機械が天寿を全うしまして 大きい仕事をがらりと変える必要が出てきたんです。
で 業界の流れに追いつこうとシステムを大きく変えたところ まぁ敵の多いこと(苦笑)
ありがたいことに取引先の力添えもありまして なんとか大海原へ旅立ちました。

【環境】
以前より自治会のお手伝いをさせていただいているのですが
それにも増して小学校のPTA執行部をやることになりまして…あぁ断っておけばよかった(苦笑)
表立って何かをやるのは苦手なので たぶんお役に立てなかったと思うんです。
なのに…え?来年もでシュか?…はははははは(大丈夫か?)

【プライベート】
愛車の106にも変化がありました。
中古で購入しまして7年乗って アチコチに疲弊が出始めたんです。
昨年にエアコン不調…そしてパワステがダメになり どうしようかと考えていたら福音が(嬉)
というわけで銀色から青色に魂は引き継がれまして らいよんぐみにとどまることができました。
5月のトリコロールデイS…ここが銀色106の見納めになりましたねぇ(しみじみ)
そして9月のトリコロールデイは新しくなった106「蒼いマボロシ」で参加でき嬉しく思っています。
それから11月には車検を終え 今日に至ります。
ビミョーに気になるところは出てきましたが まぁなんとか維持できておりますよ(笑)

昨年の年末からロードバイクに乗り始めまして ちょっと慣れてきたところにイベントが。
1月は西都での「「じてパラin西都 ブリジストンアンカー選手と走ろう会」」にたねくまさんと参加しました。
いやぁ寒かったけどみんなで走るのは楽しかったですね(肉も当たった!!)
それに味を占めまして5月には「ツール・ド・にちなん くしま」にピカ爺さんと参加。
地域の受け入れがすばらしくて感動しました…来年も参加したいですね。
そうそう ひむか神話街道にまつわる名所めぐりを始めたのもこの頃。
神社や街道を8箇所巡りました…ん~これはまだまだ少ないかな?
たぶんライフワークになるんじゃないのかな~と考えております。

トリコのイベントの度にダモっちを載っけて参加するようになったんです(え?知ってる?)
5月のトリコSでは会場までの山道をオットコマエに攻めてみたり…
9月のトリコ本祭では前日入りしてたねくまさんと自転車合宿…ちょっと生命の危機を感じてみたり
ついでに11月には初めて100キロ超えるサイクリングに行ってきました(宮崎~日南往復)
たぶんワタシに合ってるんじゃないかな?って思えてきました…自転車のある暮らし。
c0184491_2284546.jpg

さてさて
こうして振り返ってみるとけっこう新しいことに挑戦している自分にビックリします(笑)
これはね 思うに カラダは年を取ってきても ココロは違うんだと言い聞かせているような気がするんです。

みなさんの2012年はいかがでしたか?
この話はあすの「ことだま」へとつづきます…



[PR]

by garage-reading | 2012-12-30 22:10 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(0)

交ぜ書きの違和感

c0184491_22424129.jpg

※写真と本文は関係ありません




ずっとずっと違和感を感じていたことがあるんです。

なにげなく待合室で目に付いた週刊誌の表紙が気になり
手を伸ばしました…それは「交ぜ書き」に関する見出し。(交ぜ書きという言葉があるとは知りませんでした)
帰宅後ネットで検索してみると記事を見つけましたので興味のある方はコチラを読んでみてください。
【「習ってない漢字使うな」指導で自分の名前を書けない子供も/NEWSポストセブン】

子どもの頃から不思議だったんですよね。なんで習ってない漢字を書いちゃダメなの?って。
ワタシの場合 苗字には古い漢字が使われていまして これは学校教育では習うことがありません。
名前にしても 人名で使用する漢字のため これまた学校では習いません。
そうすると苗字の一文字を漢字で書いて 残りを平仮名で書くということになります。
っていうか たぶん4年生くらいまではそう書いていた記憶がありますね。
そのころは 漠然とヘンだなぁ…と思っていたくらいなんですが(苦笑)

で 現在お仕事として 子ども達の書いた名前をたくさん見る機会があるのです。
この「交ぜ書き(漢字と平仮名の混ざった名前)」はけっこう読めないのがあるんです。たしかに。
一度にたくさんコレを目にするとゲシュタルト崩壊のような感覚に陥ることもあります。

自分の子どもが実際に学校で 「交ぜ書き」を使って名前を書いているのを見るとちょっとガッカリします。
そんな名前を付けた覚えはないんだけどなぁ…もっと大切にしてほしいよなぁ…ってね。

なんていうかどうもシックリこないのです。
コレジャナイ感が頭の中で駆け巡ります…シンプルに言わせてもらうと コレはカッコ悪いわ。

教育現場がこの垣根を取っ払ってくれたら 子ども達はもっと漢字に興味を持つと思うのです。
漢字はキレイなバランスのデザインであり たくさんの意味が秘められているはずなのですから。
[PR]

by garage-reading | 2012-03-28 23:18 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(4)

The Power of Words(言葉の力)


※C9乗りの方がブログで紹介していて感動したのでココでも広げたいと思いました


相手に
言ったのか言わなかったのかじゃないんです。
それが伝わったかなんです。

事実をそのまま伝えるのは簡単なんです。
でも
伝わらないと人は動かないもんですよね。


どこかに
揉めている人たちがいます。
言ったとか聞いてないとかね。
お互い
伝わってないから怒ってるんですよね?

そうですアレです。
言うは易し 怒るでしかし!!
…本日の着陸地点はオヤジギャグでした。




言葉の力ってスゴイですよね。

ホラっ
今さら何の説得力も無いもん…
[PR]

by garage-reading | 2011-07-01 21:34 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(2)

小さい事をサッとできるヒト

現実主義者のワタシとしましては…あまり夢を語りません(たぶん)。
お酒も飲まないので勢いに任せて大きなことを言う事も無いと思ってます…よね?
なので たいそうご立派な演説をされる方を目の前にしても
どこかそっけない目で見てしまうのであります…あ 選挙のハナシではござらぬよ。
でね
逆に手放しで スバラシイなぁ♪と感じてしまうのはやっぱり
「足元のゴミをサッと拾うヒト」ですね。

以前ボランティア(引率)をしている方に話を聞いたことがあるのです。
ボランティアをしに来る子ども達に 目の前のゴミを拾うように注意をすると
ふてくされる子がいたりするんです…と。
その子はゴミ拾いに来たのではなくボランティアをしに来たということらしいのです。

いや ボランティアそのものを否定しているわけではないのです。
ボランティアはタイヘン素晴らしい行為だと思います…なかなか参加してませんが(汗)

その素晴らしい行為をする前に 足元のゴミをちょっと拾うのはステキだなって思うのです。


前置きが長くなりましたが この動画は そういうわけでうれしくなっちゃいます。


照れた仕種がイイなぁ。
[PR]

by garage-reading | 2011-04-22 18:47 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(0)

もうすぐ新学期がスタートします

毎年 春になると思うことがあるのです。
もしも宮崎に居なかったら?
もしも東京に就職していたら?ってね。
学生の頃はクルマに乗れない都会はナシだな…って簡単に考えていました。
好きなモノ…クルマや本 オモチャに囲まれていればそれはそれで幸せなんじゃないかと。
だってね10代20代の頃なんて他人と関わるのがけっこう億劫だったはずなんですワタシ。
それがいつの間にかそんなこんなで 今のような感じになりました。

子どもの頃はね…絵を描くのが好きだったんですよ。
学生の頃は拙い文章を国語の先生に褒められてましたわ。
でもね~成らなかったね~そういうお仕事。
その頃はコミュニケーションとるのがキライだったはずなのに
いつの間にかコミュニケーション中心のお仕事になっちゃいました。
たぶん 好きな事と 得意な事は違うんだろうなぁ と考えるのです。
コミュニケーションはキライだけど得意だったりとか?
そうなんですコミュニケーションとるのはお仕事なんだって思ってました。
しかしながら まんざら悪くないな と。
むしろ なんかイイ感じなんじゃないのかな と。
いろんなことに流されながらたどり着いたようでいて
それはそれで良い方向に考えると マイナーチェンジを繰り返してきたのだと。
そう思うことに決めました。
決めましたが未来のワタシから見ると ちょっと待てよ という事かもしれません。
でもまぁ 良しとします。

話は変わりますが
今日AMラジオで「人生相談」を聴いていたのです。
相談内容は「生きる目的が見つからない」とのこと。
あぁこの人はなんて真面目な人生を送っているのだろうと。
生きる目的なんて考える暇が無いのかねワタシは。
それともそんなテーマは用意していないようなワタシの人生。

社会人に成りたての頃のワタシよゴメンなさい。
今のワタシはこんな感じです。

というわけで憧れてたんですよね トーキョー。(前フリ長っ!!)



自転車が楽しく思えてるのでトーキョーでも良かったのかなぁ。

いやいや 
クルマ(プジョー106)の傍らで自転車のある暮らしだから満足しているのだと。
[PR]

by garage-reading | 2011-04-05 20:30 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(2)

年上はキケンがいっぱい♥

今回もテキトーなことをつらつらと書きますが
お聞き苦しいところがございましてもご容赦くださいますようお願い申し上げます。

本日のテーマは
■年上はキケンがいっぱい♥

若い人とそうでない人のボーダーラインは…
「歩きながらケータイを取り出してメールを確認する瞬間」
ではなかろうかと 思うところでございます。

若い人は歩きながら確認しますが
そうでない人はいきなり立ち止まりまるんですよ。
おっほん…
この社会実験を実施できるスポットは某ショッピングセンターでございます。
週末の混雑時には行きかう人の流れが出来ているんですねぇ…はい。

そうしますと…警戒してくださいませ。
ん~前を歩く方がおもむろにケータイを取り出したら
キケンですっ!!
ご注意下さい…年配の方なら突然立ち止まります。
後ろでは玉突き事故が発生しますが…本人は気にしていない様子なんです。
上級者はエスカレーターでやっちゃうんです。
エスカレーターを降りた瞬間…立ち止まるっ!!嘘じゃないよホントなんです。

あ~歩いてる時はまだ良い方でございましょう
これを運転中にやられると 
もっとキケンですっ!!
あっ前のクルマの様子がなんだかオカシイですね?
車内でケータイが鳴り出したのか道路の真ん中でもブレーキ踏んで急停車。
後ろのクルマは「なんだ?なんだ?」と渋滞のピンチなんです。

そして電話に出た後ハザードを点灯するのです…しちゃうのです。
たまりませんなぁ…後ろのクルマは近付きすぎていてなかなかハンドルを切れません。
ケータイに出るときは停車すれば良いって思ってらっしゃるんでしょうなぁ…やめて欲しいですね。
あ~そうですな
ご年配の方々へネットを通じて注意を呼びかけても効果はありません。

おぉ思い出した思い出した…サイドミラーを格納したまま走っているのもこのお年頃ですな。

…というわけでドライバーのみなさん
何とな~くそういう方が近くにいらっしゃったら どうぞお気を付けくださいませ。

c0184491_19221441.jpg



でもたぶん 心の中はこんな感じです。(※画像は拾い物です)

なにかしらのストレスが溜まる季節ですね?…えっワタシだけ?
[PR]

by garage-reading | 2011-02-08 19:55 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(0)

突然誰かに自分をアピールできますか?

c0184491_19452552.jpg


いっつも自分の事ばっかり喋ってるヒトってのもねぇ~。
…と思うこともあるんです。

会議の時に これでもかと自己主張をするヒトも…なんだかなぁ~。
…とも思うんであります。

でもね自分の意見はちゃんと持っているつもりなんです(キリッ

さてさて 何の話かというと…『自分ブランドの教科書(藤巻幸夫著)』です。



★続きはコチラ
↓  ↓  ↓  ↓


【今回は真面目なハナシですっ♪】
[PR]

by garage-reading | 2010-11-25 20:17 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(8)

感動ってなんなのよ?【ニコりずむ:ニコるism】

かんどう [感動]〈スル〉 深く心を動かされること


感動って良い言葉ですよね…一般的には。(いきなりイヤな感じでスミマセン)

「痛みをこらえて頑張ったっ。感動したっ。おめでとうっ!!」とかね。
使い易いし 相手にも分かり易い便利な言葉です。

そういえば九州人の特徴として「感動しやすい」というのがあるらしいんです。
小説家の先生が九州で講演をすると
よく「感動した」と言って握手を求めて来る人がいるんだと聞きました。

「話はよくわからんかったが とにかく感動した」って。
はははっ…なんだかテキトーな使われようですよね。

…というわけで感動ってなんなの?
ちょっと天邪鬼なお話ですが 懲りずにお付き合い下さい。

【続きはコチラ】
[PR]

by garage-reading | 2010-09-01 20:57 | ニコりずむ:ニコるism | Comments(0)